How COVID-19 Is Affecting The Defense Industrial Base | コロナ危機が防衛産業基盤に及ぼしている影響

Nov 11, 2020
コロナ危機は、防衛産業基盤が常に抱えていたリスクのいくつかを悪化させた。政府支援や国防総省の潤沢な予算により初期の影響は相殺できたが、さらに多くの課題が迫っている。
Japanese

Possible Photo Of Highly Secret RQ-180 Aircraft Surfaces Online | 秘密の無人機・RQ-180と思われる写真がネットに登場

Nov 06, 2020
一般的にRQ-180無人航空機システムとして知られている機体とされる写真がネット上で公開され、その機体形状はAviation Week NetworkのAerospace DAILYの認識ともほぼ一致している。
Japanese

U.S. Clears Sale Of 400 Anti-Ship Missiles To Taiwan | アメリカが台湾に対し、対艦ミサイル400発の輸出を承認へ

Oct 30, 2020
アメリカ国務省が発表した推定23.7億ドルの売却案には、100基のハープーン沿岸防衛システム、4,111基のミサイルコンテナ、輸送車両100台、レーダートラック25台、および支援サービスなどが含まれている。
Japanese

A&D Industry And The Chinese Conundrum: Get In Or Out? | 航空宇宙産業と中国の複雑な関係:参入か、撤退か?

Oct 19, 2020
ここでA&D業界のサプライヤーは、重大な二者択一を迫られることになる。サプライヤーやサービス事業者は中国でのビジネスに向かうべきか、それとも撤退するべきか?
Japanese

Do Lessees Have The Power Now? | リース会社よりも借り手の方が力を持ったのか?

Oct 16, 2020
2021年には、次の借り手が見つからないまま約1,000機の航空機がリースから返却される見込みで、これらの機材のアフターマーケットはこれまでとはまったく異なるものになるだろう。これほど過酷な局面においては、契約条件どころか法律よりもマーケットの状況が優先される…というより…
Japanese

Signs Of Multiple Warheads In New North Korean ICBM | 北朝鮮の新型ICBM、複数弾頭の搭載が可能か?

Oct 14, 2020
この新型の液体燃料ロケットは、先代となる火星15号の拡大版とみられる。しかし、火星15号は北朝鮮の戦略的意図を実現するには、搭載量・射程ともに不足していた。
Japanese

GE9X Engine For Boeing 777X Earns FAA Certification | B777X向けGE9Xエンジン、FAA認証を取得

Oct 02, 2020
GE Aviation社が開発中の、史上最大の航空機用エンジンであるGE9XがFAAの認証を取得した。これにより、2022年に予定されているボーイング777Xファミリーの第1号、777-9の就航に向けて大きな一歩を踏み出した。
Japanese

Airbus A220 Role May Grow In Post-Pandemic Air Transport | エアバスA220、コロナショック後の航空業界で存在感を増すことができるか

Sep 30, 2020
Aviation Weekはエアバス社によるこの契約を「世紀の契約」と称した。今ではA220プログラムと呼ばれている、同機に関するボンバルディア社の残りの株式をエアバス社が取得したことは、この機体が持つポテンシャルを考えれば極めて自然な成り行きだと思われていた。
Japanese

韓国、2025年までにUAMの商業運航を目指す | South Korea Sets 2025 Target To Begin Commercial UAM

Sep 20, 2020
韓国では、2025年にソウルで都市型エアモビリティ(UAM)の商業サービス開始を計画しており、これによる交通渋滞の解消と、移動時間の最大70%削減を目指している。
Japanese

南米における都市型エアモビリティの発展は実現するか?| Could Urban Air Mobility Enable Growth In Latin American Cities?

Sep 20, 2020
コロンビアのあるスタートアップ企業は、南米における都市型エアモビリティについて異なる未来像を描いている。
Japanese

UAM発展のためには専用コリドー空域の設定が不可欠 | FAA Sees Airspace Corridors As Key To Scaling Up UAM

Sep 20, 2020
このコリドーは、同局がはじめて打ち出したUAM(都市型エアモビリティ:Urban Air Mobility)の運用コンセプト「ConOps 1.0」の目玉である。
Japanese

eVTOLエアタクシーの認証取得に向けて加速するUAM先行者たち | UAM Leaders Accelerate Toward Certification Of eVTOL Air Taxis

Sep 20, 2020
発展型エアモビリティのマーケットは、メーカー・用途・時期による差別化が始まっている。
Japanese

787の新たな問題が浮き彫りにする、ボーイング社の品質管理問題 | New 787 Problems Spotlight Boeing’s Quality Issues

Sep 09, 2020
ボーイング社は787の製造過程で、複合材製の胴体部に2つの一見無関係と思われる問題を発見した。
Japanese

Aviation Week フォーキャスト:世界のF-16 MRO需要 (2020~2029年) | Global F-16 MRO Demand 2020-2029

Sep 02, 2020
世界的に見ると、F-16の配備数は2020年の2,792機から、2029年には2,278機に減少するにも関わらず、それでも今後10年間で493億ドルのMRO需要が発生する見込みだ。
Japanese

7月の737MAX発注キャンセルの大半を占めたのはリース会社 | Lessors Account For 737 MAX Cancellations In July

Aug 17, 2020
ボーイング社が公式に発表した直近の737MAX発注キャンセルはリース会社が大半を占めるが、カナダの新興航空会社Jetlines社による5機の発注も取り消されたとAviation Weekでは分析している。
Japanese

民間機メーカーにとって、新造機の生産停止は現実的な選択肢ではない | Stopping Production Is Generally Not Feasible For Airframers

Aug 03, 2020
絶望的な状況にも関わらずメーカーが機体製造を続けていることは、航空機ビジネスの複雑性や、考慮すべき様々な要素が存在することを示している。
Japanese

ボーイング回復への長い道のり | Long Road To Recovery For Boeing

Jul 24, 2020
1年という時間は政治の世界では長く感じられるかもしれないが、2018年以降に襲いかかってきた事故やパンデミックによる、前例のない業績低迷からの回復を始めようというボーイング社にとっては、2年という時間は永遠のように感じられるだろう。
Japanese

F-35が生まれ変わるアップグレードの数々 | Lengthy Upgrade List To Transform F-35's Role

Jul 22, 2020
コンピュータの処理能力、センサーや兵器性能の飛躍的な進歩は、今後8年間にわたりF-35の進化につながるだろう…ロッキードマーチン社が予定通りに近代化改修を進められれば。
Japanese

コロナ危機後に向けて、存亡を左右する決断を迫られるサプライヤー | After COVID-19 Crisis, Suppliers Face Existential Decisions

Jul 20, 2020
西側諸国の航空宇宙防衛(A&D)産業サプライヤーは2020年の後半に入ると、存亡の危機に直面した。
Japanese

アメリカの極超音速プログラム、兵器化に向けて最初の壁が立ちはだかる | U.S. Hypersonic Programs Hit First Bumps On Path To Weaponization

Jul 06, 2020
超高音速機Xの時代が過ぎ、マッハ5プラスの武器の時代が始まる。
Japanese

アメリカの極超音速防衛計画が進展するも、予算化に暗雲 | U.S. Hypersonic Defense Plan Emerges, But Not Cash

Jul 06, 2020
アメリカの極超音速防衛システムは2年前の幅広いコンセプト研究から生まれ、新世代の宇宙配備型センサーと地上配備型迎撃ミサイルを要件とする高密度のレイヤー構造を持つ構想へと進化した。
Japanese

実証試験が近付く中、極超音速技術のハードルに直面する研究者 | Researchers Face Tougher Hypersonic Barriers As Weapon Tests Loom

Jul 06, 2020
数十年にわたり到来すると言われ続けてきた、実用的な極超音速機の時代がようやく幕を開けようとしている。かつてはSFや軍事プランナーの空想の産物とされていた概念が現実になりつつある。
Japanese

極超音速飛行試験、準備が本格化 | Hypersonic Flight Testing Preparations Ramp Up

Jul 06, 2020
アメリカの極超音速システム開発者、特に次世代の大型機担当者にとっては、政府・教育機関・業界が所有する地上試験施設への再投資が続いているにも関わらず、試験が大きな課題となっている。
Japanese

極超音速兵器開発、各国で加速 | International Hypersonic Strike Weapons Projects Accelerate

Jul 06, 2020
ロシアと中国が新型の極超音速攻撃兵器を配備したことにより、世界各国で同種の兵器の開発に関心が高まっている。
Japanese

「共に立ち向かいましょう」

By Greg Hamilton Jun 25, 2020
Aviation Week Networkとしては、業界がこの危機を乗り越え、最終的に回復して再び成長するのに不可欠な情報とデータをお届けすることで 、貢献していきます。
Japanese