弊社のポートフォリオを探索 Discover Our Portfolio
受賞歴のあるジャーナリズム、詳細なデータと分析、世界クラスのイベント、コンテンツ駆動型マーケティングサービスを提供する当社の基本原則は、お客様の成功への支援です。
インテリジェンス、データそしてコンサルティングサービス
Aviation Week Networkの予測、フリートデータおよび情報サービスは、情報に基づいた意思決定、効果的な戦略立案、新規事業の特定と獲得による収益拡大を通じて、戦略的な優位性を獲得するためのツールとソリューションの集合体です。マーケットにおける新たな可能性の発見や、収益の最大化、リスクの最小化、競合に対する洞察を深めることに活用いただけます。

Air Transport & MRO

Apr 14, 2021
キャビン内装の専門業者にとって、乗客の安心感と機内での満足度を高めることは、航空業界がコロナ危機からゆっくりと回復していく中で非常に重要なテーマになっている。 物理的な距離をより広く確保できる上級クラス向けインテリアはもちろん、機内全体での抗菌技術の活用といった配慮に加え…
Apr 12, 2021
東南アジアは2039年には世界第5位の航空マーケットとなり、アジア太平洋地域では中国に次ぐ二番手の地位を占めることになる。
Apr 09, 2021
あまりに多くの不確定要素があることから、今年から来年にかけてのナローボディ機生産数がどの程度になるのか、未だにそれを推測することは難しい。
Apr 05, 2021
世界規模で新型コロナウィルスのワクチン接種が進む中で、デジタルワクチンパスポートなど、海外旅行客のワクチン接種をどのような形で証明するのが最も効率的なのか、各国政府や航空会社は検討を進めている。
Apr 02, 2021
航空各社がボーイング737MAXの運航を再開させ、デリバリーも増加していることから、同プログラムの回復が順調に進んでいる。
Mar 31, 2021
日本の航空会社は、2021年初頭に新型コロナウィルスの感染拡大第3波の影響による運航数の大幅減を経て、再び国内線の運航を強化している。
Mar 26, 2021
International Aero Engines(IAE)社が開発したV2500エンジンの運用年数は平均すると11年だが、一部は寿命半ばに達している。
Mar 19, 2021
航空各社がボーイング737MAXの運航を再開し、デリバリーも加速していく中で、開発プログラムは急速な回復を見せている。ここでは、チャートを用いていくつかの数値を解説したい。 !function(e,i,n,s){var t="InfogramEmbeds",d=e…

Aerospace & Defense

Apr 07, 2021
ボーイング社が計画している新型ワイドボディ機は、新型の大型ジェットエンジンを必要とする開発計画として、短期的には唯一の存在だ。
Mar 29, 2021
コロナ危機の中でも防衛産業の業績は比較的堅調に推移したが、コロナ禍が経済、そして予算に与えた影響を考えると、特に欧米では厳しい状況が待ち受けているといっていいだろう。とはいえ、2009年の世界金融危機ほど深刻な景気後退は考えにくいが、2025年以降になって…
Mar 24, 2021
アジア太平洋地域は他の地域と比べ、コロナ危機による経済への影響が比較的小さかった。このため、当地域における国防予算は一時的な減少の後、今後5年間は堅調に増大していくとAviation Weekでは予想している。 
Mar 08, 2021
インド軍の防衛装備品調達はここ数年、投資の不足や遅延に悩まされており、予算の制約からこの改善は期待できないだろう。 とはいえ、2020年度の補正予算や2021年度予算では、より複雑化する安全保障環境への対応として、近代化の重要性が認識されつつあるといえる指標も見られる。 !function(e,i…
Feb 24, 2021
エアバス社が機体構造分野の事業売却を準備してから10年近くなるが、今ではグループ内で長期的に同コンポーネント製造能力を保有し続ける方針に転換した。
Feb 19, 2021
Aviation Week Networkの予測によると、2030年までに稼働中の軍用機が最も多い地域はアジア太平洋地域となる。
Feb 11, 2021
NASAは長年にわたり研究を続けてきた極超音速技術の商業展開の可能性に向けた開発への移行を進めており、Aerion Supersonic社およびGE Aviation社に対し、それぞれ高速機の設計と推進システム開発を支援する契約を締結した。
Feb 03, 2021
バイデン新大統領の就任により、コロナ危機からの回復を加速させる中国と、その比較的強いといえる経済は、エアバス社やボーイング社とそのサプライヤーにとって重要な役割を果たすことが、業界関係者の間で明らかになってきた。