弊社のポートフォリオを探索 Discover Our Portfolio
受賞歴のあるジャーナリズム、詳細なデータと分析、世界クラスのイベント、コンテンツ駆動型マーケティングサービスを提供する当社の基本原則は、お客様の成功への支援です。

Air Transport & MRO

Oct 23, 2020
そして、航空業界全体としてもハリソン・フォード氏のような著名人を起用し、航空旅行の安全性をPRしていく必要がある。
Oct 21, 2020
新型コロナウィルスによる航空需要の減少は、短期的にはV2500エンジンのショップ整備の減少につながるが、需要は回復する。
Oct 12, 2020
世界のフリート規模の減少・旧型機の早期退役・今後数年で予想される航空会社のコスト削減…といった、コロナ危機から波及する影響の大きさを受けて、ボーイング社は向こう20年間の民間航空機サービス事業に対する支出を10%(約1,000億ドル)削減することを決定した。
Oct 09, 2020
ボーイング社は、同社が生産したもののデリバリーできずにいる737MAXの内、13%に新たな顧客を見つける必要がある。これは同機の長きに渡る飛行停止や、コロナ危機による航空会社の世界的な低迷などにより、オーダーブックが書き換えられていったことに起因すると、Aviation Weekの分析が示している。
Oct 07, 2020
コロナ危機は航空貨物分野に大きな影響を与えた。初期には医療品輸送の需要拡大が起こり、一部の航空会社では運航停止させた旅客機を貨物機に改装する動きにもつながった。
Oct 05, 2020
Aviation Weekのフライトデータを見ても、ヨーロッパ・中国・アメリカの主要3地域において、いずれも稼働の回復が停滞していることが分かる。
Sep 28, 2020
コロナ危機がもたらした航空業界への大損害は誰の責任でもない。航空会社・従業員・空港・業界関係者の誰ひとりとして、このような事態を予測することはできなかっただろう。
Sep 18, 2020
民間航空業界がコロナ危機以前の状況に戻る頃には、いまの幼稚園児が中学生になっているだろう…といった厳しい見方が広がる中、この業界で強気に出ることは難しい。

Aerospace & Defense

Oct 19, 2020
ここでA&D業界のサプライヤーは、重大な二者択一を迫られることになる。サプライヤーやサービス事業者は中国でのビジネスに向かうべきか、それとも撤退するべきか?
Oct 16, 2020
2021年には、次の借り手が見つからないまま約1,000機の航空機がリースから返却される見込みで、これらの機材のアフターマーケットはこれまでとはまったく異なるものになるだろう。これほど過酷な局面においては、契約条件どころか法律よりもマーケットの状況が優先される…というより…
Oct 14, 2020
この新型の液体燃料ロケットは、先代となる火星15号の拡大版とみられる。しかし、火星15号は北朝鮮の戦略的意図を実現するには、搭載量・射程ともに不足していた。
Oct 02, 2020
GE Aviation社が開発中の、史上最大の航空機用エンジンであるGE9XがFAAの認証を取得した。これにより、2022年に予定されているボーイング777Xファミリーの第1号、777-9の就航に向けて大きな一歩を踏み出した。
Sep 30, 2020
Aviation Weekはエアバス社によるこの契約を「世紀の契約」と称した。今ではA220プログラムと呼ばれている、同機に関するボンバルディア社の残りの株式をエアバス社が取得したことは、この機体が持つポテンシャルを考えれば極めて自然な成り行きだと思われていた。
Sep 20, 2020
韓国では、2025年にソウルで都市型エアモビリティ(UAM)の商業サービス開始を計画しており、これによる交通渋滞の解消と、移動時間の最大70%削減を目指している。
Sep 20, 2020
コロンビアのあるスタートアップ企業は、南米における都市型エアモビリティについて異なる未来像を描いている。
Sep 20, 2020
このコリドーは、同局がはじめて打ち出したUAM(都市型エアモビリティ:Urban Air Mobility)の運用コンセプト「ConOps 1.0」の目玉である。