Heavy Airframe Maintenance Demand Below Average Over Next Decade | 今後10年間の重整備需要は平均を下回る

Delta TechOps facilities
Credit: Credit: Brian Kough

今後10年間で総額520億ドルが重整備(C・D整備)に費やされると見込まれており、これは平均を年平均で1.3%下回る。年間需要は2021年の56億ドルから2030年の64億ドルに増加すると予想されている。   

 

機材の飛行停止や地上保管により、時期が定められている整備の多くが延期されている。しかし、機材の運航が同時期に再開されていく中で整備の機会も増え、タイミングが重なっていく。このトレンドにより3年周期の需要サイクルが形成され、機材の運航再開が予想通りに推移すれば、2021年には12,000件以上の整備が必要になるだろう。

2023年には、整備需要は7,500件程度に一旦低下し、そこから再び増加する。このサイクルが原因で、これからの3年間で個々の整備サイクルを調整して需要を平準化できない限り、MRO事業者は今後10年間のキャパシティを設定するにあたり苦労することになるだろう。

A total of $52 billion is expected to be spent on heavy airframe maintenance (C & D checks) over the next decade, with demand below average at a 1.3% CAGR. Annual demand is expected to rise from $5.6 billion in 2021 to $6.4 billion by 2030.    

 

Grounding and storage of commercial aircraft will create deferrals of a significant number of calendar mandated airframe checks. However, as aircraft return to service maintenance events will increase and fall into synch. This trend will create three-year demand cycles with a high of more than 12,000 checks needed in 2021 should forecasts of return from storage activities pan out.

Demand will fall back down to around 7,500 events by 2023 before increasing again. This has the potential to create capacity constraints for airframe MRO providers over the decade unless demand can be flattened out by changes to individual maintenance schedules over the next three years.