Asia-Pacific Governments Chart Course To International Reopening | 海外旅行の解禁に向けて舵を切る、アジア諸国

シンガポール政府は、ワクチン接種済み旅行者の隔離措置の緩和を検討している。
Credit: Credit: Roslan Rahman/AFP/Getty Images

海外旅行需要の回復はまだまだ先の話だが、アジア太平洋地域の一部の国では渡航制限の解除に向けた計画の策定が進んでいる。このような計画の存在は、新型コロナウィルスのパンデミックが収束したとき、国際線マーケットがどのような形で復活するのかを示す指標として役立つだろう。

オーストラリア・シンガポール・タイでは、ワクチン接種率が一定のレベルに達した場合に制限を解除する計画を明らかにした。そして、タイはすでに第1弾を実施済みだ。3カ国とも感染拡大の新たな波に見舞われ回復への動きが滞ったが、同時に「新たな日常」に向けて基盤を整備することの重要性も認識している。

  • アジア圏の一部では旅行再開に向けた計画の策定が進められている
  • ワクチン接種率が一定水準を上回ることで、渡航制限が緩和される

オーストラリアおよびシンガポールの計画では、まだ詳細な時期は決定されていない。しかし、タイを含めたこれら3カ国はアジア太平洋地域における重要なマーケットであることから、これが前例となって他のアジア諸国の追従を促す可能性もある。

3カ国のアプローチに共通していることは、「新型コロナウィルスの根絶は不可能」という前提だ。ただし、ワクチン接種によりその脅威を他の感染症と同等に抑えることはできると考え、最終的には多くの渡航制限および国内の感染対策を緩和することが可能としている。

シンガポールでは、3人の大臣からなるグループがStraits Times紙にそのようなシナリオをまとめたコラムを掲載した。同国の新型コロナウィルス対策チームを率いる大臣たちは、そのシナリオに至るためのロードマップが今まさに策定されているところだと述べた。

シンガポールの目標は、大まかにいえば新規感染者が発生した際の濃厚接触者の追跡や隔離が不要な状態に到達することで、これにより濃厚接触者の自宅隔離や、大規模イベントの開催が可能になる。今後は陽性者数を記録するのではなく、重症者数や集中治療が必要な患者数を国がモニターすることになるだろう。

このアプローチの下では、少なくともシンガポールと同レベルに感染状況をコントロールし、いわゆる「ウィズコロナ」の状態を受け入れた国への渡航が可能になる。国境における検査体制は残るが、出発前および到着時に検査を受けた旅行者(特にワクチン接種済の場合)は隔離の必要がなくなる。

政府首脳は7月26日、シンガポール議会に対し、ワクチン接種率が80%に到達(9月に達成される見込み)したところで、ワクチン接種済の旅行者に対する検疫規則の一部を緩和する意向を伝えた。ただし、詳細な内容や時期については明らかにされていない。なお、シンガポールでは少数の低リスク国からの隔離なし渡航をすでに認めている。

シンガポールはアジア太平洋地域で最もワクチン接種が進んでいる国のひとつだ。「Our World in Data」の情報によると、7月24日時点で人口の72%は少なくとも1回目の接種が済んでおり、52%は2回目が完了している。政府は、独立記念日である8月9日までに少なくとも人口の3分の2は2回目のワクチン接種を完了すると見込んでいる。

オーストラリアの内閣は7月2日、オーストラリアを出入国する際の渡航制限を4段階に分けて緩和していく計画に基本合意した。しかし、各段階における緩和内容は説明されたものの、その時期は未定だ。ワクチン接種率が一定の水準を超えることで、次の段階に進んでいく計画となっている。

シンガポール同様、オーストラリアの計画においても多くの課題が残されている。閣議決定では、新型コロナウィルス対策タスクフォースを設置し、各段階における接種目標の設定など、この計画を確定させるための提言を担うことになった。

オーストラリアは現在、この計画の第1フェイズにある。この段階では、引き続き国内での感染拡大を抑え込むための対策が中心だ。厳しい入国制限も行われており、入国者の到着枠が定められている。ニュージーランドからの入国に限っては「トラベルバブル」の取り決めにより除外されているものの、これも一部のルートでは中断されている。

新たな計画がもたらした大きな変更は、7月14日から少なくとも8月31日にかけて、入国者の到着枠が半減したことだ。オーストラリア政府は、この一時的な措置の理由を「感染力が強いデルタ株への対応を強いられている隔離施設の負担を軽減するため」としている。

到着枠の縮小に伴うフライトの減少を補うため、政府は自国民の帰国便や貨物便への支援を増やす。また第1フェイズにおける他の取り組みとして、ワクチン接種済みの入国者に自宅隔離を認めるといった、新たな検疫方法の試験運用も行われている。

ワクチン接種率が高まると第2フェイズに入り、重症者や死亡者の最小化に主眼が置かれる。入国者の到着枠が拡大され、特にワクチン接種済の旅行者をより多く受け入れられるようになる。同じく、ワクチン接種済であれば隔離の条件も緩和されるなど、香港などがすでに運用しいる措置に似たものになる。

オーストラリアの計画の第3フェイズでは、新型コロナウィルスもその他の感染症/風土病と同等に扱われるようになる。つまり、ワクチン接種が済んでいれば到着枠の制限を受けなくなり、出国時の渡航制限も解除される。この段階に入ると、シンガポールや太平洋の島国も出入国制限のないトラベルバブル対象国に加わることになるだろう。第4〜最終フェイズに入ると、ワクチン接種済みの旅行者に対する制限や検疫は撤廃されるが、未接種の場合はフライト前および到着時の検査が求められる。

タイでは現在、海外旅行を段階的に再開させる計画を進めているところだ。タイはアジア有数の観光地であり、インバウンド旅行者に大きく依存しているため、これは極めて重要なステップだ。

同国の取り組みにおいては、すでに一部の人気観光エリアにおいてワクチン接種済みの旅行者を隔離なし(検査は必要)で受け入れている。ただし、到着後14日が経過するまでは、国内の他のエリアに移動することはできない。

このプログラムは、7月1日にまずプーケット島を対象に始められた。これは入国制限緩和策の試験運用とみなされており、観光客を誘致することには成功した。最初の5日間で、ヨーロッパ・中東・アジア各地から、32便のフライトで1,896人がプーケットに訪れた。7月20日には来訪者数は延べ9,000人に達し、第3四半期には10万人の旅行者を見込んでいる。

この計画において重要なのは、プーケットの労働者および地元住民に対するワクチン接種率だ。7月20日までに住民の68%はワクチン接種が済んでおり、目標としている70%に到達しようとしている。

しかし、いわゆる「プーケットのサンドボックス」が開放されている中で、タイ国内では感染状況が急速に悪化している。プーケットでも少なくとも8月2日まで追加の制限措置が取られることとなり、バーなど一部業種は閉鎖、そして多くの業種で時短営業が行われている。

タイの計画の第2フェイズでは、7月15日からサムイ島および近隣の島々への旅行がプーケットと同様のルールで解禁された。今後も5ヶ所の人気観光地を対象に段階的に解禁される予定で、チェンマイは9月1日、バンコクは10月1日、そして10月中にはタイ全土が対象となる。

ただし、アジア太平洋圏内の海外旅行が大きく回復するためには、まだまだ多くの取り組みが必要になるだろう。一例を挙げると、各国におけるワクチン接種や検査証明、国境における取扱いの共通化だ。とはいえ、これらの問題を超えてパンデミック後の旅行体験に目を向けることは、やはり前向きな取り組みといえる。こういった取り組みが明らかにされていく中で、将来の旅行者や業界は新しいコンセプトに慣れておくことができるからだ。たとえ、その時期が明らかでないとしても。

Aviation Week Intelligence Network (AWIN) のメンバーシップにご登録いただくと、開発プログラムやフリートの情報、会社や連絡先データベースへのアクセスが可能になり、新たなビジネスの発見やマーケット動向を把握することができます。貴社向けにカスタマイズされた製品デモをリクエスト。 

Although international travel recovery remains a distant prospect, some Asia-Pacific countries are looking ahead and developing scenarios for reopening borders. Such road maps will help give the airline industry clarity on how the international market might reemerge when the COVID-19 pandemic finally subsides.

Australia, Singapore and Thailand have revealed their approaches to removing restrictions once vaccination rates reach certain levels. Thailand has already taken the first steps. All three countries have been hit by new COVID-19 outbreaks that have set back their recovery efforts, but they also recognize the importance of laying the groundwork to move to a new normal.

  • Countries in the region outline road maps for travel return
  • Easing border restrictions relies on reaching vaccination targets

Specific timeline details are yet to be set for the Australia and Singapore plans. However, these two nations and Thailand are some of the key Asia-Pacific aviation markets, so their planning moves may prompt others in the region to follow their example.

One of the common themes among the respective approaches from the three countries is an assumption that COVID-19 will not be eradicated. Rather, its threat can be reduced to the level of other endemic illnesses, thanks to vaccination programs. This will eventually allow the removal of many border and internal restrictions.

In Singapore, a group of three senior government ministers authored a column in the Straits Times on June 24 outlining such a scenario. The ministers, who lead the country’s COVID-19 task force, said a road map to get to this stage was being developed.

In general terms, Singapore’s goal is to reach a point at which mass contact tracing and quarantining every time new infections arise will not be necessary. People who contract the virus could isolate at home, and large gatherings would be allowed. Instead of counting infection numbers, the country would monitor how many people become very sick or require intensive care.

International travel would be allowed under this approach, at least to countries that have similarly controlled the virus and regard it as “an endemic norm,” the ministers said. There will still be a border testing regimen, but travelers—particularly those who are vaccinated—will be able to avoid quarantine if they are tested before departure and again upon arrival.

Government ministers told Singapore’s Parliament on July 26 that an easing of some quarantine rules for vaccinated travelers could occur when vaccination levels reach 80%, which could be achieved by September. But few other specifics of this move or its timing were offered. Singapore has already allowed quarantine-free travel from a few low-risk countries.

Singapore is one of the leaders in the Asia-Pacific region regarding vaccination rates. As of July 24, 72% of the population had received at least one dose, and 52% were fully vaccinated, according to the Our World in Data website. The government expects that at least two-thirds of the population will be fully vaccinated by Singapore’s National Day on Aug. 9.

Australia’s National Cabinet on July 2 agreed in principle to a four-step plan that would gradually ease restrictions on travel to and from Australia. Although the measures in each phase have been described, there is not yet a timeline. The move to each successive stage will be triggered when the vaccination rate reaches a certain level.

As with the Singapore initiative, much work still needs to be done on Australia’s road map. The cabinet agreed to the establishment of a COVID-19 task force that will make recommendations on finalizing this plan, including setting the vaccination targets for each phase.

Australia is currently in the first stage of the proposed process. In this phase, the focus is still on suppressing the virus to minimize community transmission. Entry into the country is heavily restricted, and quotas apply to arrivals who must quarantine. Arrivals from New Zealand are theoretically exempt under a travel bubble arrangement, although this has been suspended for some routes.

In a major change revealed as part of the new road map, the arrivals quota was halved from July 14 until at least Aug. 31. This temporary measure will “reduce the pressure on quarantine facilities, due to the increased risks of the delta strain of the virus,” the Australian government said.

To account for any reduction in flights due to the reduced arrivals quota, the government will fund more repatriation flights and air freight services. Among other new measures in the first phase, trials and pilot programs will be held for alternative quarantine options, such as home quarantine for vaccinated travelers.

The second phase, starting when vaccination rates are higher, will focus on minimizing serious illness and deaths from COVID-19. Inbound passenger caps will be raised, with a higher cap for vaccinated passengers. Quarantine requirements could also be reduced for vaccinated travelers—a step that some other governments such as Hong Kong’s have already taken.

By the third phase of Australia’s plan, COVID-19 will start to be managed in the same way as other infectious endemic illnesses. Caps on returning vaccinated travelers will be abolished in this stage, and all restrictions on outbound travel will be lifted for vaccinated people. At this point, unrestricted travel bubbles can be formed with more countries, such as Singapore and Pacific Island nations. In the fourth and final phase, all inbound vaccinated travelers will be allowed to enter without quarantine. Unvaccinated travelers will be subject to preflight and on-arrival testing.

Thailand is further along with its plan for the gradual resumption of international travel. This is a vital step for the country, which is one of Asia’s leading tourist destinations and heavily reliant on inbound visitors.

Under Thailand’s tourism initiative, some of its popular leisure destinations will progressively open to fully vaccinated international visitors. There is no quarantine requirement under this program, although testing is required. Tourists can travel outside these districts to other parts of Thailand only after 14 days.

The first such destination to open was the island of Phuket on July 1. This was regarded as the pilot program for the reopening plan, and it did succeed in drawing visitors. In the first five days, 32 flights carrying 1,896 tourists landed in Phuket from points in Europe, the Middle East and Asia. The cumulative total rose to nearly 9,000 by July 20. About 100,000 tourists are expected to arrive during the third quarter.

An important component of this plan was a vaccination drive for local Phuket workers and residents. By July 20, 68% of the island’s residents had been vaccinated, close to the goal of 70%.

While the so-called Phuket Sandbox remains open, COVID-19 cases have been surging in many other parts of Thailand. Some additional restrictions have recently been imposed in Phuket until at least Aug. 2. Bars and certain other venues have been closed, and opening hours restricted for many other businesses.

In the second step of Thailand’s phased reopening, tourists were allowed into Ko Samui and nearby islands starting July 15 under similar rules to the Phuket arrangement. The program will be extended to five more leisure travel areas—including Chiang Mai—on Sept. 1, then to Bangkok on Oct. 1 and to the rest of Thailand in October.

Many other important actions are necessary for international travel to reach significant levels in the Asia-Pacific region. For example, more progress is needed on harmonizing vaccination and testing certification, acceptance between countries and border procedures. But looking beyond these issues to outline the post-pandemic travel experience is still a positive step. This will give both the public and industry time to get used to the new concepts, even where setting timelines is not yet viable.