ナローボディ機を他の機体より小さいと考えがちな理由は、シンプルを最優先した格安航空会社がそれらをよく飛ばしているからです。そして、機内のエンターテインメントやフルフラットシートといった高価で複雑な設備をほとんど必要としないからです。

しかし、航空会社と顧客の間でミッションタイプと優先事項が変化していることは、次のようないくつかの見解を喚起します。

長距離・低コスト航行を確立する試みが示していることは、今日のナローボディ機がそれまでよりも長い航続距離を飛ぶことができること、そして機内のエンターテインメントと複数のシートパターンを導入する必要があることです。

例えば、ジェットブルー航空は、国内線のA321に「オールコア」でより広く空間をとる「ミントクラス」を導入します。そして、長距離飛行型の中心になるエコノミークラスのレイアウトはもちろんのこと、「大西洋路線を再考」するために、それ以上にフルフラットシートが特徴になる「ミントクラス」の計画を議題にあげてきました。

さらに、まだ長距離飛行を想定していない、多くの短距離航空機を所有する航空会社は、長い胴体をもつナローボディ機を発注している段階です。そして、より長距離ネットワークを想定するオプションをその機体に備えるつもりです。

同時に、顧客の優先事項が、短距離フライトにおいてでさえ、接続性とインシートパワーです。アジアの航空会社は、先だって、自社のナローボディ機にそれらを導入してきました。しかしヨーロッパの航空会社は、すぐその後に続き、ライバル会社に先を越されないようにする必要があります。

複雑にしているもう一つのファクターは、キャビン部品のサプライチェーンです。

SRテクニクス社の航空機整備会社の製品販売ディレクターであるOladi Olukolu氏は、ナローボディ機のキャビン設備がワイドボディ機のものほど複雑ではないとした上で、「まだ見落としがちなリードタイムがあるため、これは錯覚を引き起こす」と指摘します。

一例として、各座席の上部にある乗客サービスユニットです。しかしキャビンのマネージメントシステムを変えるには、変更した刷新と一致させるOEMから、リプログラミングサービスをする必要があります。

変化する航空機内装市場の詳細は、December Inside MROをご覧ください。

Typical reasons are that narrowbodies are smaller, they are often used by low-cost carriers – which prioritize simplicity – and expensive, complicated installations like in-flight entertainment or lie-flat seats are rarely required.

However, changing mission types and preferences among airlines and passengers are challenging some of those views.

Efforts to establish towards long-haul, low-cost travel mean that today’s narrowbodies are operating longer flights, often necessitating in-flight entertainment and multi-class seat offerings.

Jetblue, for example, operates ‘all-core’ and lower-density ‘Mint’ configurations of its A321s on domestic routes and has mooted plans for a “reimagined transatlantic version” of Mint that will feature more lie-flat seats, as well as a long-haul version of its core economy layout.

Furthermore, many short-haul carriers not yet planning longer missions are still ordering larger-gauge narrowbodies, which gives them the option to consider rangier network in the future.

At the same time, connectivity and in-seat power is becoming a priority for passengers, even for short flight. Asian airlines have led the way with such offerings on their narrowbodies, but European operators may soon have to follow suit to stay ahead of the competition.

Another complicating factor is the cabin parts supply chain.

SR Technics’ product sales director for aircraft engineering services, Oladi Olukolu, points out that while narrowbody cabin work is somewhat less complicated than for widebodies, “this creates a false illusion because there are still material lead times that are often overlooked”.

An example is the passenger service units that sit above each seat, while changes to cabin management systems can require reprogramming services from original equipment manufacturers that match the changed configuration.

To find out more about the changing interiors market, see the December Inside MRO.