韓国青瓦台(大統領府)の広報担当者は、サウジアラビアが自国の防空技術の改善に向けて韓国の援助を要求していると述べた。

要求内容は、サウジアラビアへのLIGネクストワン製地対空システムの輸出機会を増やすものだと思われる。

聯合ニュースによると、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子は、9月18日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と自国に対する安全保障の脅威について対談し、

その対談のなかで、皇太子が防空関連の要請を行ったと広報担当者が話したと伝えている。この要請は、関与を否定しているイランを米国と欧州諸国が非難した、9月14日のサウジアラビアの石油施設攻撃後に行われた。

Saudi Arabia has asked for South Korean help in improving its air-defense capabilities, a spokesperson for the presidential office in Seoul said.

The approach to South Korea appears to improve the chances of LIG Nex1 selling the Chunggung surface-to-air system to Saudi Arabia.

Saudi crown prince Mohammad bin Salman discussed the security threat to his country with South Korean President Moon Jae-In on Sept. 18, Yonhap news agency reported.

The prince asked for help in relation to air defense, the spokesperson said. This followed a Sept. 14 attack on Saudi oil facilities that the U.S. and European countries have blamed on Iran, which denies involvement.