出荷数1,000台に達する民間用ヘリコプターはあまり多くない。しかし、レオナルド社のAW139はなんとわずか15年でこの偉業を達成した。

7トンの中型双発ヘリコプターの成功により、このイタリアの製造業者は一躍有名になった。収益は増加し、4.8トンのAW169および8.6トンのAW189などの製品を次々と生み出した。

イタリアの財務警察 (Guardia di Finanza)の公共業務用に使用される1,000台目のマシンは、9月20日にミラノ近郊のヴェルジャーテにある同社施設での式典で引き渡された。

AW139は、当時のベル・アグスタエアロスペース社が開発した3つの製品の1つであるAB-139として誕生した。かつてBA609として開発された民間用ティルトローター機であるAW609、ベル社のモデル412ユーティリティ・ヘリコプターの発展型であるAB412 +がトリオを完成させる。

ベル社は後に契約を中止した。航空機はその後AW139の指定を受け、中型双発ヘリコプター市場を独占しながら売り上げを伸ばし、多くの競合の販売台数を上回った。

納入された1,000台のうち、約3分の2はレオナルド社のヴェルジャーテにある施設で、残りの3分の1は、米国フィラデルフィアにある事業所で組立が行われた。少数のヘリコプターは、モスクワのロシアン・ヘリコプターズと合弁会社ヘリバート(HeliVert)を通じてロシア市場向けに生産された。

これまでに、連合艦隊は250万時間以上飛行を行った。過去5年間で艦隊は150万時間を飛行し、これらのヘリコプターは石油・ガスの輸送サポート、島々を移動する乗客の送迎、軍の活動を支援する主要な移動手段として活躍してきた。また、2つのプラット・アンド・ホイットニー・カナダ PT6エンジンの優れた性能は特に中東で高く評価されている。

しかし、競争は今や地平線上に現れ始めている。エアバス社は、いままでのAW139、シコルスキーのS-76やベル412などの他の中型双発機に代わる市場として、新型ヘリコプターH160の開発に力を入れている。開発の初期段階にあるトルコ航空宇宙産業のT625多目的ヘリコプターも、市場シェアを奪う可能性がある。

「市場への貢献だけでなく、AW139を競争で出し抜くことを目的に新製品を開発する企業があります。そのような企業は、AW139の成功に固執しています」と、レオナルド・ヘリコプターズ社の戦略および事業開発担当バイスプレジデントであるロベルト・ガラバリア氏は話す。

「私たちは、非常に慎重に競争を見ています」とガラバリア氏は付け加える。「AW139は私たちの大切な子供のような存在です。2,000または3,000台の納入が確実に行われるよう、全力を尽くします」

以上は、Tony OsborneがAviation Week & Space Technologyに書いた記事の簡略版です。

Not many commercial helicopters reach 1,000 deliveries, but Leonardo’s AW139 has achieved this feat in just 15 years.

The success of the seven-ton, twin-engine medium helicopter has put the Italian manufacturer on the map, transforming its revenues and paving the way for a family of derived products including the 4.8-ton AW169 and 8.6-ton AW189.

The 1,000th machine, a public service mission version for Italy’s Guardia di Finanza (Financial Police), was handed over during a ceremony at the company’s facility in Vergiate, near Milan, on Sept. 20.

The AW139 was born as the AB139, one of three products developed by the-then Bell-Agusta Aerospace Co. The BA609, now the AW609 commercial tiltrotor, and the AB412+, an enhanced version of Bell’s Model 412 utility helicopter, complete the trio.

Bell later exited the arrangement. The aircraft subsequently received the AW139 designation and has been flourishing while monopolizing the medium-twin rotorcraft market ever since, outselling much of the competition.

Of the 1,000 delivered, around two-thirds were assembled in Leonardo’s Vergiate facility. The other third were assembled at the company’s U.S. operations in Philadelphia. A handful were produced for the Russian market by the company’s HeliVert joint venture with Russian Helicopters in Moscow.

So far, the combined fleet has flown more than 2.5 million hr. The fleet has flown 1.5 million hr. in just the last five years, with aircraft serving in the oil and gas support role, island-hopping passengers, and as the backbone of militaries, particularly in the Middle East where the hot and high performance of the two Pratt & Whitney Canada PT6 engines is appreciated.

Yet, competition is now beginning to appear on the horizon. Airbus has targeted its new H160 as the replacement market for earlier AW139s and other medium-twins such as Sikorsky’s S-76 and the Bell 412.  Turkish Aerospace’s T625 Gokbey, which is in the early stages of development, could also snatch away some market share.

“There are companies who announce new products not just to serve the market but to kill the AW139. They are fixated on the AW139’s success,” says Roberto Garavaglia, Leonardo Helicopters’ senior vice president of strategy and business development.

“We are watching the competition very carefully,” he adds. “The AW139 is our baby. We will do everything to make sure it gets to 2,000 or 3,000 deliveries.”

This is an abbreviated version of an article that appeared in Aviation Week & Space Technology by Tony Osborne.