新型のF-16が台湾の主力戦闘機に (Taiwan Fighter Force Dominated By Advanced F-16s)

Credit: Taiwan Air Force
13年もの間、F-16の大量発注を待っています。しかし、台湾がその傾向を冷え込ませてきた間、少なくともロッキード・マーティン社はこの型の戦闘機を改修してきました—そして、台湾の旧型F-16をアップグレードさせる技術的な調整を行ってきました。従って、8月に承認された66機の戦闘機を売却する計画によって、台湾はまったく同種の戦闘機を200機以上保有することになります。 意図した発注によるF-16のBlock70納入の開始は、台湾のF-16のBlock20をF-16V standardにアップグレードさせるプログラム終了とどうやら一致しているようです...

Subscription Required

 

This content requires a subscription to one of the Aviation Week Intelligence Network (AWIN) bundles.

Schedule a demo today to find out how you can access this content and similar content related to your area of the global aviation industry.

Already an AWIN subscriber? Login

 

Did you know?  Aviation Week has won top honors multiple times in the Jesse H. Neal National Business Journalism Awards, the business-to-business media equivalent of the Pulitzer Prizes.