川崎重工がP-1を改良した電子攻撃機の開発を目指す (KHI Targeting For P-1 EW Version)

Credit: P-1: Hunini
川崎重工(KHI)は、ロッキード・マーティン社が開発した哨戒機「P-3 Orion(オリオン)」の無線周波数および光学監視機能の変更に関する海上自衛隊の要件を明らかに満たす、P-1海上自衛隊用哨戒機の電子攻撃機版の開発を目指している。 川崎重工の事業計画のP-1の電子攻撃機の図案によると、機体前方の上部、下部、左側にレーダードームもしくはフェアリングと見られるものが追加されており、これは右側にも同様に装備される可能性がある。 監視を行う航空機P-3、そしてその派生型OP-3C、EP-3は、海上自衛隊が現在使用しているP-3の13.5%を占めている。 !function(e,i,n,s){var...

Subscription Required

 

This content requires a subscription to one of the Aviation Week Intelligence Network (AWIN) bundles.

Schedule a demo today to find out how you can access this content and similar content related to your area of the global aviation industry.

Already an AWIN subscriber? Login

 

Did you know?  Aviation Week has won top honors multiple times in the Jesse H. Neal National Business Journalism Awards, the business-to-business media equivalent of the Pulitzer Prizes.