米国防総省が、音速の5倍(マッハ5)以上の最高速度で飛翔する長距離機動ミサイルの開発を目的とした7つの承認済みの計画の他、現在少なくとも2つの極超音速兵器開発計画を極秘で進めていると業界関係者が話した。

現在展開中であるペンタゴンの極超音速兵器アーキテクチャの開発や運用状況、そしてそれらが埋めるギャップなどの詳細を含む、計画に秘められた謎は未解決のままだ。しかし、国防総省の極超音速兵器に詳しい軍事専門家のLinkedInページに示された新しい手がかりは、その答えを表しているのかもしれない。

高速飛行コミュニティの名高い専門家であるグレッグ・サリバン氏は、ビジネス特化型SNSで、自身を研究およびエンジニアリング部門の「極超音速大気吸入兵器構想 (HAWC=Hypersonic Air-breathing Weapon) 」のオンサイトサポーターであると紹介している。

サリバン氏のページでは、「追加の極超音速兵器開発計画」に関する知識も引用しており、これには、ペンタゴンの承認済み計画のほぼ包括的なリストが含まれている。興味深いことに、以前、そのリストには超音速兵器開発計画を示す新たな2つの頭字語も含まれていた。「HACM」と「HCCW」だ。しかし、Aviation Weekがこの詳細について空軍広報局に問い合わせた直後に、両方の頭字語がページから忽然と姿を消した。

空軍は「HACM」または「HCCW」と名の付く計画の存在を未だ認めておらず、予算資料やプレスリリースなどの軍の公開文書にはこの頭字語への言及がない。

2人の情報提供者によると、「HACM」と呼ばれる超音速兵器開発計画の存在について漠然と語られたことはあったが、その意味など詳細についての言及はなかったと言う。一方、HCCWプログラムについては、Aviation Weekが連絡した情報源またはアナリストは知らなかった。

極超音速専門コミュニティは非常に結束が固く、最近のペンタゴンの買収優先順位の上位への上昇まで、技術の数十年にわたるほとんどの実験的ステータスを反映している。この新しい「HACM」と「HCCW」の存在をめぐり、いくつかの推測が生まれている。

計画された多くの極超音速オプションは、戦術的および戦略的目標を達成することを目的としている。戦術レベルにおいては、ペンタゴンの戦争計画者は、モバイルミサイルランチャーを攻撃し、敵の極超音速対艦ミサイルによる海軍水上艦隊への長距離攻撃に対抗するための新しい選択肢を獲得する。中国やロシアなどが新型極超音速兵器を多く備蓄しているため、米国の将来の極超音速ミサイル所持数は、核での報復に代わる戦争抑止力として機能することも意図している。

続きを読む (英語)

Beyond seven acknowledged projects aimed at developing long-range, maneuvering missiles with a top speed over Mach 5, the U.S. Defense Department is working in classified secrecy on at least two more hypersonic weapon programs, industry officials say.

The mystery of the classified projects—including such details as their development or operational status and any gaps each fills in the Pentagon’s unfolding hypersonic weapons architecture—remains unsolved. But a new clue embedded in the LinkedIn profile of a senior Defense Department hypersonic weapons expert may point to the answers.

Greg Sullivan, a well-regarded expert in the high-speed flight community, describes himself on the professional social media platform as an on-site supporter of air-breathing hypersonic weapons to the department’s research and engineering arm.

Sullivan’s profile also cites his knowledge of “additional hypersonic programs,” which include a nearly comprehensive list of the Pentagon’s acknowledged projects. Intriguingly, his original list also included two additional acronyms representing hypersonic programs: “HACM” and “HCCW.” Shortly after Aviation Week inquired to the Air Force Public Affairs office for details about HACM and HCCW, both acronyms were deleted from the LinkedIn page.

The Air Force does not acknowledge the existence of any program named HACM or HCCW, and no reference to either acronym appears in the military’s public documents, such as budget materials and press releases.

Two sources say they have heard vague references to the existence of a hypersonic program called HACM, but had no details, including what the acronym means. The HCCW program was not known to any sources or analysts contacted by Aviation Week.

The expert hypersonic community is an unusually tight-knit group, reflecting the technology’s mostly experimental status for decades, until its recent rise as one of the Pentagon’s top acquisition priorities. The existence of two new acronyms has prompted several speculative guesses.

The plethora of planned hypersonic options are intended to serve tactical and strategic goals. On the tactical level, the Pentagon’s war planners will gain a new option for striking mobile missile launchers and countering long-range attacks on the Navy’s surface fleet by an adversary with hypersonic anti-ship missiles. The future U.S. inventory of hypersonic missiles also is intended to serve as a deterrent option short of a nuclear response, as adversaries such as China and Russia stock their arsenals with a range of new hypersonic weapons.

Read original article here.