13年もの間、F-16の大量発注を待っています。しかし、台湾がその傾向を冷え込ませてきた間、少なくともロッキード・マーティン社はこの型の戦闘機を改修してきました—そして、台湾の旧型F-16をアップグレードさせる技術的な調整を行ってきました。従って、8月に承認された66機の戦闘機を売却する計画によって、台湾はまったく同種の戦闘機を200機以上保有することになります。
 
意図した発注によるF-16のBlock70納入の開始は、台湾のF-16のBlock20をF-16V standardにアップグレードさせるプログラム終了とどうやら一致しているようです。このアップグレードパッケージはBlock70の技術的基礎を形成します。それは、とりわけノースロップ・グラマン社によるアクティブ電子走査アレイを搭載したAPG-83のレーダーを含んでいます。F-16のアップグレードプログラム自体は、 F-CK-1戦闘機の製造者である台湾の航空産業開発センター (AIDC)によって、同機を大幅に近代化しています。
 
その結果、台湾空軍のF-16の2機は、中国AvicのChengdu J-20、スホーイ、AvicのShenyang Flankerよりも電子戦で優れた性能を発揮するでしょう。しかし、台湾の戦闘機には、J-20が備えるステルス性能、およびスホーイとShenyang Flankerが装備する長距離空対空ミサイルが欠けています。
 
新型F-16は、ゼネラル・エレクトリック社のF110エンジンを搭載し、経年劣化した62機のF-5E/FおよびRF-5Eタイガーに取って代わるようです。地元メディアが伝える台湾空軍による3月の発表は、別の戦闘機群すなわち55機のダッソー社のミラージュ2000-5を高い運用コストにもかかわらず保有する予定とのことです。
 
125機の F-CK-1が運用中です。F-16のBlock70納入を完了するまで修理不能の可能性を無視して、空軍は388機の戦闘機のうち208機のF-16—そのうち66機を新型に、142機をアップグレードする—を先進化するようです。
 
 
Thirteen years is a long time to wait for ordering a batch of F-16s. But at least Lockheed Martin has improved the type while Taiwan has cooled its heels—and brought it into technological alignment with an upgrade the island nation is applying to its old F-16s. So Taiwan’s planned acquisition of 66 additional fighters, approved in August, will result in a fairly homogeneous force of more than 200 aircraft.
 
The start of F-16 Block 70 deliveries from the intended order looks likely to dovetail with the end of a program to upgrade Taiwanese F-16 Block 20s to the F-16V standard. This upgrade package forms the technological basis of the Block 70, notably including the Northrop Grumman APG-83 radar with an active, electronically scanned array. The F-16 upgrade program itself is following an extensive modernization of F-CK-1 fighters by their manufacturer, Taiwan’s Aerospace Industrial Development Corp. (AIDC).
 
The result will be two sets of F-16s in Taiwanese service that may be electronically superior to China’s Avic Chengdu J-20s and its Sukhoi and Avic Shenyang Flankers. But the Taiwanese fighters will lack the stealth characteristics of the J-20s and the long-range air-to-air missiles of both types.
 
The new F-16s, with General Electric F110 engines, appear to be replacing 62 aging and outmoded F-5E/F and RF-5E Tigers. Local media quoted the air force in March saying the island’s other group of fighters, 55 Dassault Mirage 2000-5s, will be retained, despite high operating costs.
 
There are 125 F-CK-1s in service. Ignoring the likelihood of write-offs between now and the end of F-16 Block 70 deliveries, the air force looks likely to end up with 208 advanced F-16s—66 new and 142 upgraded—out of a fighter force of 388 aircraft.