この10年間で中国の防衛政策費は人的資源よりも設備への投資に重点が置かれ、この推移を世界はリアルタイムで目の当たりにしてきた。現在、中国はその数値化に取り掛かっている。7月24日のホワイトペーパーで明らかになった数字によれば、機器に割り当てられた防衛資金の割合は、2010年は支出の33.2%であったのに対し、2016年には41.3%という記録的なレベルまで容赦なく上昇した。

2017年には41.1%の低下を見せたが、これはおおよその長期レベルに達したことを示しているのかもしれない。しかし、中央政府である国務院の工業・情報化部が発行した白書によると、その近代化はまだ終わってはいないようだ。そこでは「PLA ( 人民解放軍の軍隊 ) はまだ機械化のタスクを完了しておらず、その『情報化』の改善が緊急に求められている」と、知性、監視、偵察、ネットワーキング、およびデータの活用などを指す中国語の用語を用いて説明されている。[the People’s Liberation Army—the armed forces]

2010年までは、予算は支出の3つの主要なカテゴリ(人員、トレーニング、維持、設備)にほぼ均等に分割されていた。図では、特に軍隊の人数の減少と、技術が豊富な海軍、空軍、ロケット軍、戦略支援部隊の重要性の向上が見られる。これらは、台湾の奪還と米国の介入の回避という主要なミッションに最も関連している。

軍隊が大幅に縮小されたことに留意しながら、白書は空軍の人員数は安定しているが、海軍とロケットの軍隊は適度に増加していると述べている。ロケット軍は、以前は軍の一部であった第二砲兵隊だった。

中国政府は、海軍を台湾の問題にほとんど制限していない。この軍務は、「新時代の中国国防」白書によると、「近海での防衛から遠海での保護への任務の移行を迅速化しているもの」と説明されている。

すべての中国国防予算データと同様に、白書の数字は意図的に不完全であるため、そこに示される数値の価値は不明瞭だ。中国政府は、2017年の総防衛費を1兆4300億元(1518億ドル)と報告している。これは報告されたGDPの1.3%である。アナリストは、この数字には年金や軍民両用技術の研究開発などの項目は含まれないと考えている。

続きを読む (英語)。

The world has seen plenty of evidence this decade of the swing in Chinese defense policy from manpower-heavy to equipment-heavy spending. Now Beijing is quantifying what it has done. The share of defense funding allocated to equipment rose relentlessly to a record level of 41.3% of spending in 2016 from 33.2% in 2010, according to figures revealed in a July 24 white paper. 

A drop to 41.1% in 2017 may indicate that an approximate long-term level has been reached. Yet that modernization is far from finished, according to the white paper, issued by the information office of the state council, the country’s cabinet. “The PLA [the People’s Liberation Army—the armed forces] has yet to complete the task of mechanization and is in urgent need of improving its ‘informationization’,” it says, using a Chinese term that encompasses intelligence, surveillance, reconnaissance, networking and the exploitation of data.

Until 2010, the budget was more or less equally divided between the three main categories of spending: personnel, training and sustainment and equipment. The shift revealed in the figures reflects a reduction in the number of people in the armed forces, especially in the army, and the rise in importance of the technology-heavy navy, air force, rocket force and strategic support force. Those are the services most relevant to the key missions of recovering Taiwan and warding off U.S. intervention.

While noting that the army has been significantly downsized, the white paper says personnel numbers in the air force have been kept steady while the navy and rocket force have been moderately increased. The rocket force was formerly the second artillery corps, part of the army.

The government is hardly limiting the navy to the Taiwanese problem. That service “is speeding up the transition of its tasks from defense on the near seas to protection missions on the far seas” among other functions, says the white paper, titled “China’s National Defense in the New Era.”

Like all Chinese defense budget data, the value of figures in the white paper is limited, as they are deliberately incomplete. They show total 2017 defense spending as 1.043 trillion yuan ($151.8 billion)—1.3% of reported GDP. Analysts believe the figure excludes such items as pensions and dual-use research and development.

Access full article here.