Cabin Interior Design Priorities: Passenger Confidence And Sense Of Well-Being | キャビン内装デザインの傾向:乗客の安心感とウェルビーイングの両立

UK-based design consultancy Tangerine created the cabin for Japan Airlines’ new flagship Airbus A350s.
Credit: Credit: Tangerine

キャビン内装の専門業者にとって、乗客の安心感と機内での満足度を高めることは、航空業界がコロナ危機からゆっくりと回復していく中で非常に重要なテーマになっている。 

物理的な距離をより広く確保できる上級クラス向けインテリアはもちろん、機内全体での抗菌技術の活用といった配慮に加え、デザイナーはブランディングの重要性も理解しており、地域の文化や雰囲気をインテリアデザインに反映させている。

Acumen Design Associates社のシニアデザイナー・Daniel Clucas氏はATWに対し、ブランドを重視する企業は、たとえ厳しい時期であってもデザインへの投資を続けており、それは「これまで以上に厳しい限られた予算で、よりクリエイティブな発想を我々に求める圧力へと姿を変えた」と話す。 

そして、最近リニューアルされたジェットブルー航空の「Mint」プレミアムクラスにおいて、Acumen社はその期待に応えた。2014年に設定されたMintは、今回のリニューアルで個室型のシェルタイプとなった。

ニューヨークを拠点とするジェットブルー航空は、Thompson Aero Seating社が開発したナローボディ機向けの千鳥配置シート「VantageSOLO」のローンチカスタマーだ。そのシート材質は、Tapis社とそのパートナーであるUltrafabrics社が開発し、EPA認証を受けた抗菌素材「Tapisuede Flannel」および「Ultraleather Promessa AV」を用いてアップデートされた。

新しいMintプレミアムのコンフィギュレーション(22席の「Mint Suite」および最前列の「Mint Studio」2席の計24席)は、2021年第3四半期にロンドン便で就航するA321XLRから導入される。縮小型の16席レイアウト(14席のSuiteおよび2席のStudio)は、最新のA321neoにより一部が運航されるニューヨークJFK空港〜ロサンゼルス国際空港便で試験運用される。

千鳥配置のシート

HAECO Cabin Solutions社が以前開発した「Eclipse Premium Seat」は、ワイドボディ機のプレミアムエコノミークラスやナローボディ機のファーストクラスにおいて、ソーシャルディスタンスを確保できることから関心が高まっている。同社は、この千鳥配置により「最高のプライバシーと快適性、そして乗客間の距離を確保できる」と説明する。 

地域の雰囲気や文化を反映したデザイン

航空会社とデザイナーは、さらなるデザインの発展に取り組んでおり、航空会社の価値観と地域の文化を反映したブランディングを目指している。機内にもたらされる雰囲気は、リラクゼーションとウェルビーイングにもつながるものだ。

ヨーロッパでは、イギリスに拠点を置くデザインコンサルティング会社・Tangerine社が、JALの新型機・エアバスA350のキャビンデザインを手がけた。 

「JALの目標は、事業の成長と、国内線・国際線双方の乗客に対して忘れられない印象を与えることだった」と語るのは、Tangerine社のディレクター・Melinda Derbyshire氏だ。

このデザインの課題は、国内線を利用する日本人独特の趣向に合わせつつも、JALが取り込もうとしている海外旅客にも魅力を感じてもらうことだった。

チーフ・クリエイティブ・オフィサーのMatt Round氏は「我々は、日本の文化やアイデンティティの本質を捉え、それを日本人および外国人にとっての現代的な旅行体験の中に具現化する、 “Infused Essense(本質で満たされる)”というデザイン戦略を考案した」と説明する。たとえば、機内前方の隔壁は折り紙から着想を得たプリーツ状の建築様式が用いられており、機内照明をやわらげ、拡散している。また、狭い化粧室は明るい色調にされることが多いが、敢えて日本的な暗い色調と模様を用いることで、狭い空間に洗練された雰囲気を生み出している。 

Aviation Week Intelligence Network (AWIN) のメンバーシップにご登録いただくと、開発プログラムやフリートの情報、会社や連絡先データベースへのアクセスが可能になり、新たなビジネスの発見やマーケット動向を把握することができます。貴社向けにカスタマイズされた製品デモをリクエスト。 

Boosting passenger confidence and creating a sense of well-being aboard the aircraft are priorities of cabin interior specialists as the industry slowly recovers from the pandemic crisis. 

Along with premium products that offer more physical distance—as well as the use of antimicrobial solutions across the cabin—designers haven’t forgotten the importance of branding and bringing local culture and ambiance into the aircraft cabin. 

Acumen Design Associates senior designer Daniel Clucas told ATW the strongest brands will continue to invest in design, even in difficult times, but that “the pressure is on us all to think even more creatively with tighter and limited budgets.” 

That’s what Acumen did when the company recently redesigned JetBlue Airways’ Mint premium product, which originally launched in 2014. With the new product, every seat is a suite.

New York-based JetBlue is the launch customer for Thompson Aero Seating’s VantageSOLO seat, a single-aisle seating solution with a herringbone configuration. The materials—from Tapis Corp. and its partner Ultrafabrics—have been updated using Tapisuede Flannel and Ultraleather Promessa AV, which includes an inherent EPA-registered antimicrobial solution for added protection against the growth of bacteria and surface pathogens.

The new Mint premium configuration (24 seats total, including 22 suites and two Mint Studios in the first row) will launch on JetBlue’s A321LR aircraft, which will fly to London in the 2021 third quarter. A smaller 16-seat layout (14 Mint Suites and two Mint Studios) will be previewed on its newest A321neo aircraft that will fly limited service between New York JFK and Los Angeles International Airport this year. 

Staggered Seats

HAECO Cabin Solutions has seen more interest in its previously introduced Eclipse Premium Seat, which encourages social distancing in twin-aisle premium economy and single-aisle, first-class configurations. HAECO said the staggered layout offers “unmatched privacy, comfort and distancing between passengers.” 

More Ambiance, Local Culture

Airlines and designers still have a vision for moving forward, and they continue to work on branding that encapsulates a carrier’s values and reflects local culture. The ambiance it brings into the cabin also conveys relaxation and well-being. 

In Europe, UK-based design consultancy Tangerine’s recent work on aircraft interiors has included the creation of a cabin for Japan Airlines’ (JAL) new flagship Airbus A350s. 

“JAL’s ambitions were to grow their business and create a lasting impression on both their domestic and international passengers,” Tangerine director Melinda Derbyshire said.

The design challenge was how to create an onboard experience that catered both to the specific tastes of the domestic Japanese market while also appealing to the international passengers that JAL is hoping to attract. 

“We created a design strategy, ‘Infused Essence,’ that captures the essence of Japanese culture and identity and embodies it in a contemporary travel experience aimed at Japanese and international passengers,” chief creative officer Matt Round explained. For example, at the front of the cabin, the bulkhead wall has a pleated architectural form inspired by origami, which diffuses the cabin’s feature lighting. And, rather than trying to make the most of the notoriously tight dimensions of an aircraft’s toilets by adopting the usual light color tones, Tangerine adopted the Japanese tactic of using dark colors and textures to create a sophisticated feel to small interior spaces.