中国の航空産業は、経済の急成長に合わせて急速な拡大を見せている。
 
国務院交通運輸部の下部組織である、中国民用航空局(CAAC)が中国の民間航空行政を管轄しており、航空事故やインシデントの調査も担当している。
 
一方、中国の空域(制限空域とされている)の管理や、飛行承認や認可を行うのは軍の役割だ。非商用の飛行は軍に従属する形となるため、同国においてゼネラルアビエーションやプライベート機の飛行は希だ。