韓国がF-35Bの獲得に乗り出す (South Korea Moves Toward Acquiring F-35B)

Credit: DAPA
韓国の最近の戦闘機獲得計画で、空軍が希望したタイプのロッキード・マーティン社F-35A「ライトニング」を装備したが、実際の納入数は希望数を下回った。空軍が他の20機を希望して以来、その予算は60機ではなく40機のみにあてられることとなった。しかし、空軍が買収に向けて動いていると話す業界関係者によると、この20機の追加航空機はF-35Bである可能性があるとみられている。一方、国防省は、このような戦闘機を操作することができ、短い離陸と垂直着陸が可能な攻撃船の計画を確認した。 空軍は、2013年の選定に続いて2014年に注文された最初のバッチで、最初の運用能力に移行した。F-35ユニットの任務には...

Subscription Required

 

This content requires a subscription to one of the Aviation Week Intelligence Network (AWIN) bundles.

Schedule a demo today to find out how you can access this content and similar content related to your area of the global aviation industry.

Already an AWIN subscriber? Login

 

Did you know?  Aviation Week has won top honors multiple times in the Jesse H. Neal National Business Journalism Awards, the business-to-business media equivalent of the Pulitzer Prizes.