中国やロシアによる極超音速兵器の開発が飛行試験段階に近づいているため、米国ミサイル防衛庁(MDA)はそれに対抗し、一部の業界および軍関係者によると、潜在的により広範囲な射程距離を実現し、達成するのが難しいとされる極超音速防衛アーキテクチャを一歩前進させた。

この要件は、新しい超音速迎撃機、センサー、および指揮統制システムを含む防御アーキテクチャのために作成されている。MDAはまた、新しいセンサーや多段式推進冷却機構など、新型の極超音速迎撃機の運用実現のための技術を開発するために、ベンダーとの契約を開始した。同時に、MDAは、極超音速兵器の暫定迎撃機として使用するために、THAAD (終末高高度防衛) システムを含む既存の機器を変更している。

究極の目標は、限られた数の弾道ミサイルに対抗するために調整された米軍の一連のシステムのギャップを埋める新しい極超音速防衛兵器システム(HDWS)を投入することだ。マッハ5を超える速度、および既存の早期警戒および追跡センサーの視野より低い高度で操縦することにより、ロシアと中国によって開発されている新しいクラスの極超音速ミサイルは、アメリカとNATOの防衛を通過するか、またはその周りを見つかることなくすり抜けられるように設計されている。

MDAは、強力なマイクロ波、指向性エネルギー、レールガンで発射された高速発射体、および高速発射銃に基づく概念を含む、敵の極超音速兵器が撃ち込んだミサイルを迎撃する幅広い能力を評価し続けている。しかし、エージェンシーは、放たれたミサイルを迎撃するように設計された新型極超音速兵器の有効化技術の開発も開始した。

この防衛システムの開発は、攻撃兵器の開発に取り組むための一連の権利を失った極超音速機のパイオニアであるボーイングに新しい役割を提供しました。7月2日、MDAはボーイング社と150万ドルの契約を交わし、極超音速迎撃機の追尾装置用の空洞フローセンサーを開発した。「空洞フローセンサー・アーキテクチャは、主にキャビティを使用して迎撃機の高速飛行中に追尾装置カバーの空力加熱を低減するという独自の利点を提供します」MDAは、Aviation Weekに発表した声明でそう説明した。

防衛のための極超音速攻撃対策への関心の高まりは、2021年度に開始されると予想されている研究開発資金の大幅な増加に繋がっている。

「ここが議論の大きな焦点となっているところです」と、買収と維持について米国防次官補代理のアラン・シャファー氏は話す。シャファー氏はフォーブス誌の最近の見出しを引用し、極超音速攻撃に対する防御を「トランプ政権で最大の軍事的挑戦」と呼び、さらに「来年度は、極超音速攻撃に対する防御のための予算要求額がさらに増加すると予想されます」と話した。

続きを読む (英語)。

As a crop of offensive hypersonic weapons approaches a crucial flight-testing phase, the U.S. Missile Defense Agency (MDA) has advanced a hypersonic defense architecture that some industry and military officials describe as potentially broader in scope and more challenging to achieve than their attacking counterparts.

The requirements are being drafted for a defensive architecture that encompasses new interceptors, sensors and command-and-control systems. The MDA also has started awarding contracts to vendors to develop enabling technologies for a new, purpose-built hypersonic interceptor, including a cooling mechanism for new sensors and multi-stage propulsion. At the same time, the MDA is modifying existing equipment, including the Theater High-Altitude Area Defense (THAAD) system, to be used as an interim interceptor for hypersonic weapons. 

The ultimate goal is to field a new Hypersonic Defense Weapon System (HDWS) that closes the gaps in the U.S. military’s array of systems tailored to counter a limited number of ballistic missiles. By maneuvering at speeds above Mach 5 and at altitudes below the field-of-view of existing early-warning and tracking sensors, a new class of hypersonic missiles being fielded by Russia and China is designed to sneak through or around American and NATO defenses.

The MDA continues to evaluate a broad range of options for intercepting incoming hypersonic weapons, including concepts based on high-powered microwaves, directed energy, railgun-launched high-velocity projectiles and rapid-firing guns. But the agency also has started developing enabling technology for a new kind of hypersonic weapon designed to intercept incoming missiles. 

Development of this defensive system has provided a new role for Boeing, a hypersonic flight pioneer that lost a series of bids to work on offensive weapons. On July 2, the MDA awarded a $1.5 million contract to Boeing develop a cavity flow sensor for a seeker on a hypersonic interceptor. “A cavity flow sensor architecture offers potentially unique advantages, primarily use of a cavity to reduce aerodynamic heating on a seeker cover during high speed flight of an interceptor,” the MDA explained in a statement released to Aviation Week. 

The increased attention on defensive hypersonic measures is leading to calls for a significant boost in research and development funding expected to begin in fiscal 2021.

“That’s where the discussions are going now,” says Alan Shaffer, deputy undersecretary of Defense for acquisition and sustainment. Referencing recent headlines in Forbes magazine calling defense against hypersonic attack “the biggest military challenge of the Trump era,” Shaffer says: “I think we’re going to see an increase in the budget request for defense against hypersonics next year.”

Log in or subscribe to access the full article here.